FullSizeRender

若い方からお年寄りまですっかり生活必需品となったスマートフォン。普段、肌身離さないものだからこそ、エンディングノートを残す媒体としてしては意外と優れているかもしれません。様々なエンディングノートがリリースされていますが、今回、その中からいくつかを選んでご紹介したいと思います。

100年ノート

アクティブシニア向けの雑誌「はいから」がリリースした、エンディングノートアプリです。ご自身のこと、財産のこと、病院や介護、ペットのことなど、残しておきたい情報がだいたい網羅されています。
例えば銀行など、支店名や口座番号を書き写すのが面倒、というときには、キャッシュカードを写真で撮影して保存しておくといった簡単な使い方も可能です。
ただし、現時点では遺族に開示するサービスがまだ提供されていないので、ご遺族にアプリのパスワードを事前に教えておくなどの工夫が必要です。

image (1)

提供元 ARDENT WISH INC.
価格 無料
iPhone対応 OK
Android対応 OK
クラウド対応 データ保存のみ
パスワード保護
写真保存 OK

http://100note.jp/pc/

ウケツグ

こちらも、「100年ノート」と同じく、写真で簡単記録を残すことができるアプリです。利用は無料。SMS連動しており、一定時間ログインがない場合、端末に対してプッシュ通知を行う、という機能を持っている。継承者の電話番号なども登録をすることで、より便利かつ確実にお知らせすることができます。「最後のコゴト」として動画メッセージを残すことも可能です。

image

提供元 AmazingLife K.K.
価格 無料
iPhone対応 OK
Android対応 無し
クラウド対応 データ保存のみ。閲覧なし。
パスワード保護
写真保存 OK

http://uketsugu.me/

エターナルメッセージ

万が一の時のためのメッセージを動画で残すことができるアプリです。もちろん、アプリそのものにはID/PWによる認証が入っているので、その時が来るまでに誰かに見られる心配もありません。動画の再生はウェブから可能なので、見る人はスマートフォンがなくても大丈夫です。
日々の思い出も写真などで保存することができます。エンディングノートというよりはパスワード付きアルバム、といったほうがより近いかもしれません。口座番号などこまごまとしたことは聞かれないので、初めて使ってみる方にはいいと思います。

image (2)

提供元 DOORS Co.,Ltd.
価格 無料
iPhone対応 OK
Android対応 OK
クラウド対応 OK
パスワード保護
写真保存 OK

http://www.eternalmessage.jp/