%e5%80%99%e8%a3%9c3

寺社の経営・運営に関する人材育成・相談などを行う一般社団法人 お寺の未来(東京・港区)は、2016年7月、お寺のポータルサイト「まいてら」を開設しました。法事やお墓探しをしたいという方はもちろんのこと、七五三、結婚式などの慶事にお寺を利用したり、座禅をして精神統一をしたいというニーズにも対応しています。今後のお寺探しの方法が変わるかもしれません。

「まいてら」を運営する一般社団法人お寺の未来は、お寺との良きご縁をもとめるお客様と、良きお寺との出会いをプロデュースするという立場で、安心して利用できるお寺やお坊さんを紹介するとともに、仏教に関するさまざまな情報を提供し、お寺の魅力を訴求しています。

利用者様がどのお寺でも安心して選ぶことができるよう、運営者の(一社)お寺の未来は、独自の「安心のお寺10ヶ条」を設け、これをクリアしたお寺だけをサイトに掲載するという事前審査方式をとっています。審査の内容は、「確かな理念・方針」「人柄の良いお坊さん」「良き死を迎えるためのお寺らしい学びや支援の仕組みが整っている」「財務の安定性」などのほか、必須条件として「宗教法人としての法令順守は当然のこと、様々な規約の整備や、情報管理の体制が整っている」ことも掲げられています。また、掲載にあたっては、スタッフによる現地訪問も実施されます。サイト上では20ヶ寺が掲載されています。(2016年10月7日現在)

サイトのトップページでは、お客様のライフステージでの利用シーンに合わせて、「法事」「座禅」「法和会」「お墓」「結婚式」「七五三」から探すことができるほか、都道府県別や宗派での検索にも対応しています。目的別にお葬式や水子供養、ペット供養、終活講和など、細かく絞り込むこともできます。

これまで、お寺の情報は口コミや雑誌などから得ることがほとんどでした。お寺を探すにもYahoo!JAPANなどの検索エンジンから、様々なキーワードで検索をするぐらいしか方法がなく、そのお寺がどういったお寺なのか、自分の希望が叶えられるかどうかわかりませんでした。また、話題になったamazon.co.jpの「お坊さん便」では、どこのお寺のどんな僧侶が派遣されてくるか、頼んでみるまでわかりませんでした。求める人のニーズからお寺を探す、というのはこれまでになかったアプローチといえます。

家族関係や地域の縁といった繋がりが薄れてきた現代では、お寺の檀家制度は大きく揺らぎつつあります。お寺も、社会の変化に合わせて、情報発信の方法を様々に模索していく必要があるのかもしれません。

「まいてら」=http://mytera.jp/