メモリアルアートの大野屋は、思い出のつまった大切な人形やぬいぐるみを供養する「人形供養祭」を11月13日に、千葉県千葉市の常光閣で開催します。

1

 昨年実施した供養祭では4,800体を超える人形を供養

 「日蓮宗 常光山 本敬寺」の僧侶がお経を上げ、雛人形や五月人形、長年愛情を注いできたぬいぐるみやおもちゃの人形、こけしなど、思い出がつまった品々をきちんと供養します。昨年、同会場で実施した供養祭では、4,800体を超える人形を、持ち主の前で丁寧に供養しました。

供養料は、1体500円。または1箱2,000円。縦+横+高さの合計が100cm程度までの大きさの箱で、フタが閉まれば何体でも可能です。なお、ガラスケースや装飾ケースは受付けができないので、注意してください。11月12日17:00までに、大野屋テレホンセンター(0120-02-8888)で事前予約が必要です。受付け時間は9:00~20:00。当日、法要に参加できない場合は、事前に人形のみを預かることもできます。

2
会場の常光閣は千葉都市モノレール「作草部」駅から徒歩2分

会場の所在地は千葉県千葉市中央区弁天4-9-1で、千葉都市モノレール「作草部」駅から徒歩2分。供養後は、僧侶による「人生を豊かにする」法話を無料で聞くことができます。
メモリアルアートの大野屋=http://www.ohnoya.co.jp/