有料老人ホーム・高齢者住宅を運営するオリックス・リビング(東京都港区)は、全国の40代以上の男女を対象に、第9回「介護に関する意識調査」を実施し、2016年11月7日、「介護ロボット」や「認知症」、「介護離職ゼロ」などをテーマにした調査結果を発表しました。

「介護に関する意識調査」は、11月11日の「介護の日」に合わせて、オリックス・リビングが実施している調査。「介護の日」は、11月11日を「いい日、いい日」にかけて、政府が介護に関する啓発を重点的に実施する日として定めた日です。第9回の調査は、全国の40代以上の男性747名、女性491名、男女合計1,238名を対象に、2016年10月6日にインターネットで実施しました。

人から介護を受けることに心理的負担

介護ロボットによる身体介護についての考えを聞いたところ、「推奨されていれば受けてもよい」が67.8%、「積極的に受けたい」が9.9%を占めました。合計8割近くが肯定的な考えで、2011年の調査開始以来、ほぼ同程度の傾向でした。理由は、「ロボットは気を使わないから」が50.7%、「本当は人の手が良いが気を使うから」が29.1%を占め、例年通り、人手による介護を受けることに心理的な負担がある様子がうかがえました。

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95

介護ロボットによる身体介護を受ける場合に、日常的に使いたいロボットは、「歩行の補助」が62.2%、「排泄の補助」が48.9%、「認知症による徘徊や転倒を発見するための見守り」が46.1%、「移乗の補助」が45.9%、「外出の移動時の補助」が38.7%、「介護する人の身体の補助」が37.7%を占めました。「話相手の代わりをするロボット」は、28.8%でした。

有料老人ホームは「夫婦別々の居室にしたい」が3年連続で増加

家族の介護に対して、「不安を感じる」という人は35.5%、「やや不安を感じる」が51.8%で、9割近くが不安を感じると回答。その理由を男女別でみると、男性は67.0%が「費用面」、女性は77.8%が「精神的な負担」と回答しました。人生設計の中に介護費用が「含まれていない」という人は75.8%を占めました。

配偶者による介護の希望について聞くと、「配偶者に介護されたい」は26.0%、「配偶者に介護されたい気持ちはあるが、現状を考えると難しい」が28.5%でした。男女別では、男性は67.8%が希望する一方、女性は65.2%が希望しないという結果になりました。夫婦で有料老人ホームへ入居する場合は、「夫婦別々の居室に入居したい」と回答した人が28.9%と、3年連続で増加しました。男女別では、女性が37.1%、男性が23.6%でした。

認知症に関する質問では、自身が発症して大切な人を忘れてしまったら「施設に入る」と回答した人が77.6%。男女別では、女性が86.2%、男性が72.0%でした。施設に入る理由は、「大切な人に迷惑をかけたくないから」が67.2%と圧倒的に多く、続いて「他人に介護されたほうが気が楽だから」が22.0%でした。

このほか、自身の高齢期以降に発生する事項で既に家族に伝えていることについて質問すると、「何も伝えていない」が60.7%と最も多く、次に「延命治療の要・不要」が27.8%、「葬儀について」が20.9%、「重大病名の告知の要・不要」が14.2%と続きました。

「介護離職ゼロ」を正しく理解していない人半数以上

また、今回の調査は、安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」として2015年に打ち出した「新三本の矢」のうちの一つして掲げられている「介護離職ゼロ」に焦点を当てています。これについては、31.1%が「わからない」と回答。仕事と介護の両立ができず、介護のために離職する人をなくすことを目指している本来の趣旨を「介護職員の離職を防いで、介護業界の人手不足を解消するための政策」と誤認している人が24.0%でした。これらを合わせて、「介護離職ゼロ」の内容を正しく理解していない人は55.1%を占めました。

介護休業制度については、「聞いたことはあるが、内容まではわからない」が53.7%、「知らない」が28.8%で、内容まではわからないという人が8割を超えました。一方、「内容を知っている」と答えた人が最も番多かったのは60代以上の男性で21.3%でした。介護休業制度の利用を検討する場合、「収入が減少するかもしれない」(53.7%)、「介護休暇を取得すると復帰しづらい」(46.3%)、「実際に利用している人がいない」(36.1%)などの不安を感じていることがわかりました。また、家族を介護する必要が生じた場合の仕事と介護の両立について、就業している人に聞いたところ、「できると思う」と回答した人は5.7%で、昨年の9.7%と比べて減少しました。
オリックス・リビング=http://www.orixliving.jp/