関東一都三県で葬祭事業を展開するアーバンフューネスコーポレーション(東京都江東区)と福岡県で葬祭業を展開する天国社は、天国社の葬儀会館を有効利用した地域顧客向けサービスとして、12月10・11日の二日間、天国社の「姪浜会館」で金製品の仏具などを展示・販売する「天国社の黄金展」を開催します。

%e7%94%bb%e5%83%8f

「天国社の黄金展」は、葬儀社の天国社が主催する金製品の展示販売会。金の精錬から制作、販売、買取りまで金をトータルに扱うとともに、全国の有名百貨店10店舗に出店するSGCの協力を得て実施します。アーバンフューネスは、「葬儀会館を、地域の皆様に役立つ情報を発信する拠点にする」ことを目指すプロジェクト「葬儀会館のメディア化」の一環として、企画・運営を担っています。

会場となる「天国社姪浜会館」の所在地は福岡県福岡市西区姪浜駅南2-20-25。開催日時は12月10日が16:00~19:00、12月11日は10:00~16:00。12月10日に天国社VIP会員限定先行販売会、12月11日に一般販売会を行います。入場料は無料。

600万円相当の純金の湯呑みで提供する煎茶が1服500円で飲める「純金のお茶席」を提供するほか、1分30秒から2分程心地よい音色が響く「黄金のおりん」の聴き比べや、インゴットでの金、銀、銅、鉄の持ち比べが体験できる。「純金のお茶席」の売上の一部は、西日本新聞社を通じて熊本地震の義援金に充てます。

アーバンフューネスは今後、「葬儀会館のメディア化」プロジェクトとして、さまざまなイベントの企画・運営を通じて全国の葬儀会館の有効活用を推進していく方針です。