朝日新聞社は12月5日、シニア世代の日々の暮らしを応援する会員制サービス「朝日新聞Reライフサポート」を開始したことを発表しました。旅・グルメ・レジャー・エンタメなどの各種優待サービスが利用できる「人生充実コース」と、家のトラブルへの緊急駆けつけ、ハウスクリーニングや家事代行などを優待価格で利用できる「くらし安心コース」を提供します。各コースとも、ウェブサイトからの申し込みとクレジットカード決済が対象の「ウェブ会員」または、電話申し込みとコンビニエンスストアでの振り込みが対象の「一般会員」から選べる。会費は、月次の場合が税別400円、年次は税別3,980円。「一般会員」の年次のみの会費設定で税別4,800円。

%e7%94%bb%e5%83%8f
「朝日新聞Reライフサポート」の画面キャプチャ

「人生充実コース」は、企業向けの福利厚生事業で実績のあるベネフィット・ワンと業務提携し、サービスを提供。取り扱いサービス・商品数は100万件以上で、旅やグルメ、レジャー・エンタメなどのサービス・商品を優待価格で購入・利用できます。レジャーやグルメの予約を電話で受け付けるほか、要望や予算に応じて宿を探したり、レストランで使える割引クーポンを受け付けて自宅に届けることもできます。

「くらし安心コース」は、駆けつけサービスのパイオニアであるジャパンベストレスキューシステムなどと業務提携してサービスを提供します。水回りや鍵、ガラスのトラブルが生じたら、24時間365日、無料で緊急に駆けつけます。また、ハウスクリーニングや家事代行などの生活支援サービスを優待価格で提供。家の中で何かトラブルがあったときに、電話で相談すると、電球交換や給湯器の不調、建具の不具合、庭の手入れなどからお風呂場や換気扇の掃除、エアコンクリーニング、家事代行まで、専門業者を紹介し、一般価格の3割引で利用することができます。エクセルやワード、ネットの使い方などPCトラブルや、健康などの電話相談もできます。