全国石製品協同組合(東京都港区)は、全国の40~70歳代以上を対象に「“終活”に関するアンケート調査」を実施し、12月8日、結果を発表しました。

%e7%94%bb%e5%83%8f1

調査は、全国の40代~70歳代以上の男女を対象に、2016年11月1~8日にインターネットで実施しました。有効サンプル数は2,045名。終活について「知っている」「聞いたことがある」はそれぞれ2割強、「知らなかった」は53%という結果になりました。

%e7%94%bb%e5%83%8f2

「専門家に一番相談したい“終活”は何ですか?」との問いには、39%が「エンディングノートをまとめる」と回答。次に「自分の荷物を片付けておく」が25%、「財産や相続をまとめておく」が17%と続きました。また、40代の女性を対象に同じ質問をすると、「エンディングノートをまとめる」(37.3%)、「自分の荷物を片付けておく」(26.6%)に続き、「お墓の準備をしておく」が20.5%を占めました。

実際に終活をしていると回答した222人を対象に「専門家に相談したい“終活”は何ですか?」と聞くと、最も多かったのは「お墓の準備をしておく」(27%)となりました。
人生でやり残したこと最多は「旅行」、マクロミルが「終活」意識調査

【終活に関する意識調査】47.3%が終末の必要資金が足りるか不安と回答
【終活サポートの現場から】おひとり様が永代供養を予約するには?
【行ってきました】困ったらとりあえず何でも相談できる終活カフェ“BLUE OCEAN CAFE”
【ユーキャン】自分自身やご家族の生活にも活かせる!『終活アドバイザー講座』デビュー