こころネットは、2017年1月11日に開催した取締役会で、連結子会社「カンノ・トレーディング」の石材卸売事業を会社分割(吸収分割)し、同じく連結子会社「石のカンノ」へ承継することを決議したことを発表しました。カンノ・トレーディングは「フルール」へ、石のカンノは「カンノ・トレーディング」へ商号変更します。

画像

現在、カンノ・トレーディングは、石材卸売事業、生花事業、装販部門を、石のカンノは石材小売事業を展開していますが、今後の吸収分割によって、2社に分かれていた石材卸売事業と石材小売事業を1社に統合します。石材事業をとりまく市場環境が厳しくなるなか、組織の効率化と資源の集中を図り、グループで成長の継続と図ります。

今回の吸収分割は、1月30日に臨時株主総会を開催し、4月1日に効力が発生します。カンノ・トレーディングは、社名を「フルール」に変更し、既存の生花事業と装販部門を運営・管理。石のカンノは、カンノ・トレーディングに社名を変更し、石材卸売事業と石材小売事業を行います。代表者はともに未定。所在地は、フルールが福島県福島市成川字上谷地40番地の1、カンノ・トレーディングが福島県福島市岡部字上条63番地の1。それぞれ、資本金は1,000万円、決算期は3月31日。

こころネットが2016年10月28日に発表した今期(2017年3月期)の連結業績予想は、売上高が112億8,000万円(前年同期は111億6000万円)、営業利益が6億8800万円(同4億2100万円)、経常利益が8億3300万円(同5億9100万円)、親会社株主に帰属 する当期純利益が5億7700万円(同3億5400万円)の見込み。今回の吸収分割については、完全子会社間で行うため、連結業績に与える影響は軽微としています。

なお、2016年12月31日現在のカンノ・トレーディング(吸収分割会社)の売上高は30億7200万円、経常利益が1億5900円、当期純利益が1億500万円。石のカンノ(吸収分割承継会社)の売上高は13億700万円、経常利益は4300万円、当期純利益2500万円。

2016年9月の半期決算は、7社中3社が増収増益

専門家に一番相談したい終活は「エンディングノートをまとめる」

進む「墓じまい」、お墓を巡る2016年の新傾向

お墓にお酒をかけるのはNG!? お盆恒例の“お墓参り”で知っておきたい基本マナーをご紹介 ~ Yahoo!エンディング「お墓を探す」トップページも合わせてリニューアル!

【終活サポートの現場から】おひとり様が永代供養を予約するには?