エスケー(愛知県瀬戸市)では、瀬戸焼や九谷焼、ガラスのような素材を採用した「輝きシリーズ」など、多種多様な骨壺を取り揃えています。近日中には、洋食器の世界ブランド「NARUMI」の鳴海製陶とコラボレーションした骨壺「MEMORIAL」をリリースする予定です。

1

同社が取り扱う多種多様な骨壺のなかで人気が高い商品が、「輝きシリーズ」。ガラスのような素材を一つひとつ筆で塗り、焼き付けすることで独特な輝きを表現しています。カラーはパール、イエロー、ピンク、グリーン、パープル、ブラックの6色。同社の製品全体でも、「輝きシリーズのパールカラーが最も人気がある」(鈴木結香マネージャー)そうです。

2

オーダーメイドで「スワロフスキー」デザインに対応する斬新な製品もあります。壺の種類、デザイン、素材(石の種類)を選んでオリジナル骨壺を作ることが可能。「『スワロフスキー』が流行りだしたころに企画し、販売を始めた」製品です。華やかでゴージャス、シンプルでシック、花柄の可憐な雰囲気など、自由に表現できます。
6

7

8

「スワロフスキー」デザインのイメージ

 このほか、メッセージ入り骨壺「心シリーズ」では、「いままでありがとう」「感謝」「人生悔いは無し」「幸せでした」「ごめんね」「大好き」の全6種類のラインアップからメッセージを選ぶことができます。

5
静脈認証や防水扉を備えた納骨堂、東京・豊島区「勝林寺」新本堂の地下に
葬儀規模の縮小化時代を考えるセミナー、グリーフケアの一つとしての海洋散骨
「バーチャル祭壇」って何? 納骨堂での葬儀も実現
福岡の葬儀社で金の仏具など展示販売会、金をトータルに扱うSGCが協力
證大寺、日本初「ギュッと抱きしめられるお墓」を発売!