仏事用線香・焼香・お香を製造販売する孔官堂(大阪府大阪市、増田久弥社長)は、ミルクチョコレートをイメージした香りのお線香「香りの記憶 チョコレート バラ詰」を、2017年2月1日に全国で発売した。税別価格は850円。

画像1
「香りの記憶 チョコレート バラ詰」

 「思い出の香りで伝える大切な気持ち」をコンセプトとしたお線香「香りの記憶シリーズ」第3弾。今回の香りにチョコレートを選んだのは、「チョコレートが世代を超えて愛されている味であることや、日本の文化としても根付いているバレンタインデーがキーワード」(広報室長)となっている。

キャッチコピーは、第1弾の「珈琲」が「そういえば、コーヒーが好きだったね」、第2弾の「蜜柑」が「みんなで食べた、だんらんの時間」、そして今回の第3弾が「大好きだったよね、チョコレート」。全シリーズに、「お線香を心を込めて使うきっかけにしてほしい」という思いを込めている。

画像2

香りだけでなく、「灰もけむりも非常に少ない」ことも特徴で、小型の仏壇や香炉でも使いやすい。

「尾張仏具」を伝統的工芸品に指定、経産省が発表

高齢者の財産や権利を守るために、「成年後見制度」を要確認

「バーチャル祭壇」って何? 納骨堂での葬儀も実現

「スワロフスキー」を使ったゴージャスな骨壺、オーダーメイドで対応

進む「墓じまい」、お墓を巡る2016年の新傾向