Good Luck Picture(グッドラックピクチャ、東京都新宿区)が、大切な写真を額にまとめてインテリアにできるサービス「グッドラックピクチャー」を、2016年11月に開始した。

画像1
20~30枚のプリント写真をデジタル化し、1枚の額にまとめることができる

 20~30枚のプリント写真をデジタル化し、1枚の額にまとめることができるサービス。アルバムの整理ができるとともに、生活の中で目に映る場所に飾れるので、大切な人の思い出を身近に感じることができる。

画像2

額は、国産の木にこだわり、和風・洋風、どちらの部屋にも合うようシンプルなデザイン。また、「こんな額がいい」という希望があれば、好みに合わせて対応する。

制作にあたっては、色の補正やサイズを調整しながらレイアウトを整える。また、モノクロの写真もすべてカラーにする。すべてカラーの写真にそろえることで、全体のバランスが整うだけでなく、家族の歴史を細部にわたって再現することが可能になる。

画像3
モノクロの写真もすべてカラーにする

 このサービスを開始したのは、代表の生江賢一郎氏が、ある日、自宅で保管していた大量の写真を眺めていた時に、「古くなった写真もきれいにしてレイアウトを整えれば、きっと面白い思い出になるのではないか」と思ったことが背景にある。

その後、介護施設の部屋の様子を垣間見る機会があった際に、その殺風景な部屋の中に、その部屋で暮らす方のこれまでの人生を飾った思い出の写真が飾れば、部屋の雰囲気も明るくなるのではないか?というアイデアから、このサービスを創った。

子供たちの成長の記録、家族が歩んできた思い出として残されているたくさんの写真は、例えば親が介護施設に入居したり、または亡くなるタイミングで、整理をしなくてはならない時が訪れる。

しかし、古い写真の整理には、デジタル化などの方法もあるが、膨大な量の写真をすべてスキャンするには手間がかかる。専門家に頼むとなれば、それなりの費用も掛かる。そんな時、「Good Luck Picture」のように、いくつかの写真をまとめて飾れることができれば、写真の保管方法もまた少し、変わってくるかもしれない。

今後、終活後のアイテムとして、お葬式の時にメモリアルコーナーに飾ったり、手元供養品とのコラボレーションや法事・法要の会食の際に部屋に飾るなど、アイデア次第でいろんな使い方もありそうだ。

アスカネット、ソーシャルロボットベンチャーと資本・業務提携

相続がきっかけの売却・名義変更が増加傾向、「カーセブン」が「クルマの終活相談」実施

高齢者の財産や権利を守るために、「成年後見制度」を要確認

電球交換やグルメ予約などシニアの暮らしサポート、朝日新聞社が提供

専門家に一番相談したい終活は「エンディングノートをまとめる」