葬儀業を営むFUNE(フューネ、愛知県豊田市)は2月11日、新しいコンセプトの葬儀会館「結(ゆい)クラシカル」を愛知県みよし市にオープンした。

女性スタッフが対応する葬儀会館。設計にも女性を起用し、新しいコンセプトを打ち出した。三浦直樹社長は、「香りや視覚など五感に訴えるイメージなど、とことん女性目線を取り入れた」という。

所在地は、愛知県みよし市三好町折坂69番地1。面積は120坪で、1階建ての建物に最大150名のメインホール、50名までのサブホールを備え、家族葬から一般葬まで対応する。

ゆとりのある親族控室、浴室、和室なども用意。メインホールでは、「業界で初めて壁掛けの祭壇を採用した。規模によってアレンジできる」など、工夫を凝らし、差異化を図っている。三浦社長は、「内覧会には500名が来場した。大きな反響を呼んだ」と、手応えを示している。

【新会館】サン・ライフファミリーホール湘南海岸オープン

横浜市「蒔田駅」徒歩約3分の立地、くらしの友「蒔田総合斎場」開業

駿台トラベル&ホテル専門学校 葬祭マネジメント学科 16期生卒業研究発表開催

「バーチャル祭壇」って何? 納骨堂での葬儀も実現

棺に入れてもOKな天然木の納骨ペンダント、7種類のデザイン