葬儀業を営むFUNE(フューネ、愛知県豊田市)が昨年2016年12月9日、「イオンモール長久手」(愛知県長久手市)に現代仏壇専門店「ギャラリーメモリア」を出店した。葬儀社である同社としては、初めての試みだが、想定以上の好調ぶりに手応えを示している。

「ギャラリーメモリア」は、「イオンモール長久手」と同時に2016年12月9日にオープン。八木研の「現代仏壇」のほか、お香やキャンドルなどの小物類も取り揃えている。店は、イオンモール4階の中央付近。近くに映画館、同じフロアにはレストランがあることから、オープン以来、「幅広い世代がカジュアルにきてくれる」(三浦直樹社長)という。

「イオンモール長久手」では、高校生以上の学生が学生証を提示することで割引きを受けることができるサービスを提供しており、このサービスが後押しし、「ギャラリーメモリア」も高校生などの学生客を獲得。「現代仏壇も売れているが、お香やキャンドルなどの小物類の販売は絶好調」(三浦社長)と、想定以上の売れ行きだ。

店の前では、お葬式や法事、終活などの相談に対応していることを示す看板を掲げてアピール。「葬儀社の店だということが、お客さんによくわかるようにしている」ことで、葬儀の受注につなげる狙いだ。

「長久手エリアは、2005年に開催した万博(愛・地球博)以降、インフラが良くなり、名古屋のベッドタウンとして人気が高まっている。平均年齢も若い街。イオンモールでは多くの来店者を見込んでいる」ことから、「ギャラリーメモリア」は、イオンの集客力を生かして、お香やキャンドルなどの小物類によって若者を、葬儀社として培った強みを生かして年配者を開拓するなど、幅広い顧客の獲得につなげていく考えだ。

 

設計もスタッフも女性、新しいコンセプトの葬儀会館「結クラシカル」オープン

「住空間とひとつになる」現代仏壇新商品2017

井伊家カラーをイメージした現代仏壇、出雲殿グループが発売

北九州市のショッピングセンターに「はせがわ イオンタウン黒崎店」オープン

棺に入れてもOKな天然木の納骨ペンダント、7種類のデザイン