九州電力は、お墓の現況を確認し、写真付きのメールで知らせるサービス「お墓サポート」を今年1月16日に開始した。九州電力管内(離島など一部を除く九州全域)にあるお墓を対象に、九州電力と、東京都で電力を販売する子会社の九電みらいエナジーの契約者を対象に提供する。

「九電あんしんサポート」サイト内の「お墓サポート」サービス画面イメージ

サービス料金(税込み)は、1回5,000円。お墓の破損の有無を目視で確認する「状況確認」、ごみ拾いや草取りなど、対応可能な範囲の「簡易清掃」、花や線香のお供えを行う。これらの作業内容は30分でできる範囲で対応する。報告は、清掃前後を写真付きのメールで行う。

九州電力の担当者によると、「お墓サポート」サービス開始後、すでに申し込みが入っているという。顧客ごとの要望に沿う形で日程を予約している状況。「サービスの実施は、お彼岸前がピークになりそう」と話している。

「お墓サポート」は、毎日の生活に「安心」を届けることをコンセプトとした「九電あんしんサポート」の一環。すでに、「みまもりサポート」「親孝行サポート」「生活トラブルサポート」「くらしサポート」を展開している。今回の「お墓サポート」と合わせて、「空き家」の現況を確認し、写真付きのメールで知らせる「空き家サポート」の提供も1月16日に開始した。

 

主人公と遺族の「喪失と再生」の物語、パラパラ漫画ムービーで表現

バレンタインにはチョコレートの香り、お線香「香りの記憶シリーズ」第3弾

こころネット子会社再編、カンノ・トレーディングの石材卸売事業を石のカンノへ承継

進む「墓じまい」、お墓を巡る2016年の新傾向

證大寺、日本初「ギュッと抱きしめられるお墓」を発売!